preloder
アナウンス

ドローン

営業部の林です。

 

現地調査や竣工写真の空撮などで、弊社でも外注でドローンを使用することが珍しくない状況でしたが、ついに会社の備品としてドローンを購入しました。

 

あわせて土木部の野間君が、日本UAS産業振興協議会(JUIDA)での受講を終えて、無人航空機操縦技能、安全運航管理者の資格を取得しました。これからは、大型工事の毎月の進捗状況確認や、施工前後の比較を社内で行えるようになりました。

 

 

購入した機種は、DJIのMAVIC2ZOOMです。

 

機体の性能としては海抜約6,000mメートルまで飛ばせますが、地上150メートル以上になると航空法により許可が必要です。バッテリーのフル充電で、約20分フライトできます。現在の法律では、ドローンの操縦に免許は必要ありませんが、人口集中地区や空港周辺などのエリアでの飛行や、使用目的によっては国土交通省の許可が必要になります。

 

 

上の写真は土木の現場ですが、今後は規制エリアでの飛行の許可も取得する予定で、有資格者も増員して屋根上の確認など建築現場での活躍も期待されます。

 


フリーダイヤル よい さとうさん

 

お気軽にお問い合わせください