preloder
編集者ひとりごと

雨の瀬戸内海

営業部の藤原です。
今日は上司に同行して、弓削に行ってきました。
土地を確認しに行ったのですが、初めての島...気分は観光です。
因島の家老渡港からフェリーで10分、愛媛県なのに思っていたよりずっと近かったです。フェリーは尾道-向島間のものよりもひとまわり小さかったのですが、往復とも10台くらいの車を載せていました。仕事や買い物などで、因島との行き来は盛んなようです。
島についてからは、お客様からヒアリングして、それから現地へ移動して測量です。現地へ着く頃には運よく雨が上がっていましたが、そこら中蚊にさされてしまいました。
帰りのフェリーは、乗り損ねたら30分待ちです。帰り間際に行ったトイレは結構あせりました。
かつて弓削は京都・東寺の荘園として「塩の荘園」と呼ばれていたらしいです。瀬戸内の塩といえば「伯方の塩」が有名ですが、このあたりも良質な塩がとれたのでしょう。空気も海もきれいで、古い民家もたくさんあって、のんびりしていいところでした。
梅雨が明けたら家族でドライブに行ってみようと思います。
家老渡港から乗船 上弓削港に背を向けて


フリーダイヤル よい さとうさん

 

お気軽にお問い合わせください